「戦時性暴力被害者―『慰安婦にされた少女たち』」

「慰安婦」問題を解決し、次世代に広く伝えていくために紙芝居を作りました。
この紙芝居は中国の侯功蓮さんの被害経験をもとに作りました。侯さんは満歳の時、
日本軍に連行されて監禁され、連日何人もの兵士から性暴力を受けました。
体がむくみ、歩けなくなっても暴力は続き、母親が身代金を払ってようやく解放されま
した。40日後でした。1年間寝たきりになり、71歳で亡くなるまで全身けいれんなど、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみました。日本での裁判はすべて敗訴でしたが、
裁判を通して、被害の事実が広く知られるようになりました。しかし、日本政府は謝罪
と補償をしていません。この問題は、今も起きている戦争や紛争地、基地での性暴力、
いじめや人身売買などとつながっています。被害女性が高齢化し、亡くなる人も増えて
います。解決が急がれます。
芝居は考え方や感じ方がいろいろでも、一緒に見ることで交流しやすいのが魅力です。
少人数でも、どこでも、誰でも演じることができ、学習会や授業でも上演されています。


(写真は、製作発表会で)(しんぶん赤旗より)

《中学生の感想から》
◆ 3月に卒業した生徒たちの3年間にわたる「平和学習」のまとめの段階で、紙芝居を見ました。
生徒たちの感想を紹介します。(2人ともたくさん書かれたなかのごく一部を抜粋したものです)


角丸四角形: *私は今15歳ですが、この紙芝居に出てくる女の子は13歳の時にこんなひどいことをされて、
とても深く心に残ると思います。でも韓国の人たちは今でも日本をうらんでいて、悪いことだとはいわないけど。今の日本の人だったら、そんな悪いことをしないということを知ってほしいと思います。
 *この紙芝居を見て始めて知ったことがありビックリしました。その場面は日本で裁判をしたことです。おばあさんたちは10年以上も悩まされ。辛い思いを今やっとぶつけたのに、認められたのも少ししかなく、本当に日本は悪いことをしたと思っているのかなと思った。

《女子高校生の感想から》

◆ 卒業前の3月に「朝読」と「保育」の時間に、先生が演じました。感想文の一部抜粋したものです。


角丸四角形: *被害者に対する同情・13歳の少女に対する加害を許せない怒りと衝撃は大きかった。日本軍と日本人への怒り、同じ日本人として恥ずかしく、悲しい。死にたくなるほど気分が悪くなった、などの感想が圧倒的。
*性暴力は昔のことだけでなく、現在の問題でもある。幼児虐待などの虐待をなくすにはどうしていけばよいのか? 紙芝居を見てあらためて考えていきたいと思った。
*日本政府の態度はおかしい。臭いものにフタではなく、謝罪し、賠償するのが当然だ。
*日本がこれからも背負っていくべき大きな罪だと思う。自国の悪かったことは知っておくべきだ。
*グロテスクだけど、教科書にも載せるべきだ。

角丸四角形: ◆我孫子市民活動フェアで上演しました。社会・教育分科会という部屋では「慰安婦」問題を写真で展示した団体もあり、関心を持ってみてもらえました。
手作りということ、そして後半、現代の課題につなげて書いてあるところが共感を呼んだようです。

角丸四角形: ◆フィリピンとイギリスでも、女性団体との交流会で、英語で上演しました。当ネットの事務局長の永井さんが英訳された脚本を、心をこめて演じ、皆さんに深い感銘を与えました。
角丸四角形: ◆インターネットから
「大阪で、なぜ「慰安婦」問題を消そうとするのか?真実を学ぶ「講演&ディスカッション」は当初の主催若者予想を超える130人以上の人たちの出席で無事終了、「慰安婦」問題解決向けて気持ちを新たにし、具体的な一歩を踏み出す契機となった。(中略)最初に米澤清恵さんが紙芝居「慰安婦」にされた少女たち」を上演、注目を集めた。(後略)   」
角丸四角形: この問題を、今の人に繋げたい。紙芝居の後半をふくらませ、その人のモチベーションでやってよいと思う。角丸四角形: 高校生たちに、自分の問題として人間らしい性をどう捉えさせるか、紙芝居を活用しながら、考えさせていきたい。

角丸四角形: 自分の自治体で、「決議」をあげさせるための繋がりを広げていきたい。

《その他》
* 埼玉飯能市、狭山市、大阪、東京三鷹市、西東京市、愛知県、アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会の学習会などで活用されています。

トップ